【ワイヤレスイヤホン】高くて買えない人におすすめ!コスパと性能の両立

通勤・通学の時に音楽を聴いたりLINEなどを利用していると、どうしてもイヤホンのコードって気になってしまうんですよね。

 

 

スマホを良く利用する人ならワイヤレスイヤホンが気になり購入を検討してる方も多いと思います。わずらわしさから解放されたいって人はかなり多いんじゃないかな?

 

 

去年リリースされたAirPods Proは非常に高性能ですが、お値段が2万以上するので学生やおこづかい制のパパなんかは手が出せなかったり。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥24,057 (2020/07/06 12:48:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

冷凍みかん冷凍みかん

イヤホンに2~3万も出せないよ…

 

しかしそんな人向けに性能とコスパが良いワイヤレスイヤホンもあるので大丈夫です!

Anker Soundcore Liberty Neo

今回紹介するのはコレ

 

Anker Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)

 

このイヤホンの注目するとこは何といってもまず値段に目が行きます。

 

値段は¥4,999なのでAirPods Proの4分の1以下。正直めちゃめちゃ安い。

 

ワイヤレスイヤホンは安くても1万円以下な物が多く、5000円前後となると最安値に近いクラスですね

 

Anker Soundcore Liberty Neoは5000円前後のイヤホンの中では評価が高く、参考になるかわかりませんがアマゾンレビューでも★5を付けた人が50%越えなのでまあまあ信頼は出来ると思います。

 

 

しかし、かなり安い部類の値段なので性能面や品質での問題があるんじゃないか?って不安になってしまいますよね?

 

 

結論を言うと、機能面にも優れていて品質も良好でした。

 

 

このイヤホンの何が優れていておすすめなのかを簡単にまとめてみたので参考に見てください。

おすすめな5つの理由

・Bluetooth5.0対応

・ケースと併用すれば20時間使用可能

・片耳5gという軽さ

・遮音性が高い

・完全防水でありIPX7に規格対応

ざっと理由をまとめるとこんな感じですね。

 

なんだかよくわからないけど凄そう…という方の為に少し細かく説明していきます。

 

 

Bluetooth5.0対応

 

現在の最新バージョンであるBluetooth5.0は問題とされてきた遅延や音質の悪さなどを改善してきています。

 

特に「通信範囲」と「転送速度」は大幅に改良されており、前回のバージョンであるBluetooth4.2と比較してみると通信速度4倍転送速度2倍となっているので快適性と安定感は高いです。

 

 

実際に使ってみても違和感なく快適に使えました。

ケースと併用すれば20時間使用可能

 

ケースにコードを指して充電しておくことが出来るので、イヤホン本体のバッテリーが無くなったらケースに入れて再充電する事が出来ます。

 

イヤホン本体だけでも5時間使用できますが、ケースと合わせたら最大20時間もあるので充分ですね

 

片耳5gという軽さ

 

とにかく軽い!

 

1円玉が1枚1gなので、片耳に1円玉5枚分の負担しかかかりません。

 

 

というかほとんど重さを感じない。

 

遮音性が高い

 

カナル型なので密閉感が高く、音楽や会話に集中できます。

 

街中だと周りの音が聞こえにくくなるので、使う場所によっては気を付けましょう!

 

完全防水でありIPX7に規格対応

 

IPX7に対応している完全防水なので水に濡れても平気。

 

IPX(アイペックス)とは防水レベルの規格であり、7だと1mの水深に30分ほどまでなら耐えられるらしいです。

 

 

IPXは現在だと8までありますが、日常生活では7でも充分なので防水に対しては完璧ではないでしょうか?

 

不満はないの?

 

格安なワイヤレスイヤホンに多くを望んでも仕方がない事ですが、気になった点も書いていきましょう。

 

・低音が強め

・ノイズキャンセラー非搭載

・外音取り込みモードは無し

不満点はこのくらいですが、値段的にも仕方ないですね。

 

低音が強め

これは好みの問題なところが大きいのですが、Anker Soundcore Liberty Neoは低音が結構強め。

 

今まで使用していたイヤホンから乗り換えると違和感があるかも。

 

特に音楽とか低音が強調されて別の曲に感じたりします。これは個人の好みによるので不満とは少し違うかもしれませんが…。

 

ノイズキャンセラー非搭載

ノイズキャンセラーは乗り物や街中など大きい騒音をカットしてくれる機能です。

 

最近はスマホ用イヤホンにも搭載されてる位メジャーになってきましたがAnker Soundcore Liberty Neoは残念ながら搭載してません。

 

元々遮音性が高い作りになってはいますが、気になる人には気になるかも?

 

外音取り込みモードは無し

外音取り込み機能とは、外音取り込み機能対応のヘッドホンに内蔵されているマイクにより、周囲の音を聞き取りやすくする機能です

これは違いについて意識した事が無いのでわかりませんね…。

 

もしこの機能がないとダメだ!という方は止めておいた方が良いかもしれません。

 

 

自分は特に不便には感じませんでした。

まとめ感想

今回の記事の目的は「質の良いワイヤレスイヤホンを格安で購入」なので、Anker Soundcore Liberty Neoはその条件をクリアしてると言えます。

 

不満点は全くないわけではないですが、値段を見ると充分すぎると感じます。

 

特に始めて買う方はイヤホンに2~3万円払うのに抵抗があると思うので、試しで買うのにも最適だと思います。

 

 

ワイヤレスイヤホンを出来るだけ安く買いたいという人にAnker Soundcore Liberty Neoはマジでおすすめできますよ!