【消費税増税】ついに10%へ!増税による不安要素

本日2019年10月1日より消費税10%が実施されます

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

ついに来たか…といった感じです

一部減税対象があるとはいえ、大半のものは10%になるので今後が不安…

そこで今回は

消費税増税したらどうなるのか?

について考えていきたいと思います

日本は過去に1997年と2014年に二度増税しているので、当時の様子を振り返りながらまとめていきます

5%,8%に増税したとき

消費税3%が実施された時代はバブルだったため、大きな影響はありませんでした

なのでここでは5%と8%のみまとめています

↓3%→5%に増税(1997年)

デフレになった

これが1番影響が大きかったと言われています

デフレはインフレの反対語で物価の価値が下がり続けてしまう事

デフレ=不景気の象徴、として捉える人も多い

※物価の価値が下がっても景気が良い場合もあるので、必ずしも悪い状態ではないとの声もあります

1998年~2003年までの税収が10兆円下がった

増税したのだから国が得られる税収が増えると思いがちですが、増税されると国民は財布の紐が固くなるので消費が滞りやすくなります

98年から03年の5年間で税収はかなり下がってしまいました

国民の消費率が下がるとデフレにもなりやすいため、良い事は無いですね

GDPが減少気味に

GDPとは国内総生産、その国に住んでいる人が1年で稼いだ総額の事です

消費税を上げたら景気が悪くなり1人1人の稼ぐ金額が下がってしまう事に

↓5%→8%に増税(2014)

各世帯支出額が34万円減少

やはり消費税が上がると買い物をしなくなりますよね

14年に行われた8%に増税の時も1世帯辺りの消費率は落ちてしまっています

世帯所得が100万円減少

こちらは1997年から下がり続けていることになります

消費税8%になる頃にはここまで下がっていることに

ここまで振り返ってみると消費税が増税された時は悪い事がたくさんありましたね…

10%に増額された今後について

国民が苦労して納税するのだから、税収が上がり国が潤ってほしいとこですが税収すら下がっているので泣

今後どのようになっていくのか予想してみましょう

今までの歴史を振り返るとデフレによるダメージが大きいのではないか?という見方もありますし、働き方改革による残業率の低下も問題視されています

残業なんて無ければ良いじゃん!

って思いますよね

残業率が下がるとその分収益が下がってしまいます

金より時間のが大切だろ!

たしかに仰るとおり…

なのですが、最近は家に仕事を持って帰りサービス残業させる会社も増えてきています

こうなると収益は下がり時間も無くなるという最悪なパターンに

働き方改革で残業は無くなったけどサービス残業が増えたケースもあり、時間と収益が減り出費が増えた状態とも考えられます

目前に控えたオリンピック

1964年に日本で行われた東京オリンピックの時は盛り上がりましたが、終了後は一気に冷え込んでしまいました

あまりにも不況になったため政府は赤字国積を発動してしまったのは有名

期間中は景気が良くなっても終了後に冷え込んでしまうと増税も相まってかなりのダメージになってしまうのではないでしょうか?

世界経済は悪化している

今までは輸出産業が上手くいっていたから税収も回収でき、世界経済に助けられていた部分も大きかったですね

しかし現在は世界同時株安やリーマンショック級の事も起こるのではないかと言われています

つまり輸出産業の売り上げ増加は難しく、デフレになりつつある状態で増税を行うのは得策とはいえません

まとめ

現在の状況を考えると時期が悪いと思います

過去に行われた増税による不況よりダメージが大きくなってしまいそう

しかし10月から軽減税率キャッシュレス還元などが実施されます

どのような効果が得られるのか期待もあるので落ち着いたら記事にしてみたいですね

↓JKが増税について大人達とバトルするマンガ。面白い内容なのでオススメ!

created by Rinker
¥1,320 (2019/12/14 05:19:27時点 Amazon調べ-詳細)