【Apex】シーズン6の主役はバンガロール?開発者がストーリーを紹介

元IMCの兵士でありApex Legendsのヒロインであるアニタ「バンガロール」ウィリアムズは、バトルロワイヤルの次のシーズン6ストーリーの1つで「フロント&センター」になるとリスポーンのライターTom Casiello氏が今週明らかにしました。

 

 

近年バトルロワイヤルゲームはたくさんリリースされていますが、Apex Legendsのようにキャラクターに焦点を当てたものはありません。

トリックスターのミラージュ、科学に夢中のクリプト、次元を変えるレイスなど非常に個性的ですよね。

 

 

シーズン5で開催中のブロークンゴースト「壊されし亡霊」のクエストはほぼ全てのレジェンドに発展をもたらし、用意されたミッションには各レジェンドのストーリーを伝えるカットシーンが含まれており好評でした。

 

 

レイスやブラッドハウンドのように裏話を語る映画の予告編のようなものを持っているキャラも居るし、新キャラクターのローバやレヴナントは「壊されし亡霊」のストーリーラインのキーとなっています。

 

 

ただし、すべてのレジェンドがApexのシーズン5で等しくスポットライトを浴びたわけではありません。

 

 

訓練された兵士キャラであるバンガロールは、これまでのところリスポーンからあまり愛されていないキャラクターの1人として扱われています。

レジェンドとしての地位にもかかわらず、彼女の軍事的背景を除けばプレイヤーはアニタウィリアムズについてあまりよく知りません。

 

 

しかしシーズン6の予定のすべてはバトルロワイヤルライターのTom Casiello氏によって行われ、氏はバンガロールはApex Legendsの次の主要なストーリー展開で間違いなく「フロントアンドセンター」になると語りました。

 

「今、私たちは私たちの女の子(バンガロール)を前面と中央に配置し、シーズン6で彼女をドロップするだけだと思いますか?カシエッロはツイッターのファンに応えて言った。「ここで「友達を作るためにここにいない」というファサードは、ひび割れ始めたばかりです。彼女は少し警戒を緩めています。つまり、彼女の旅はまだ始まったばかりです。」

 

 

昨シーズンのApexゲームディレクターであるChad Grenier氏は、タイタンフォール2のファンに近い将来「楽しいサプライズを」と約束し、その後まもなく同ゲームの悪役アッシュに関するティーザー(明らかにしないで注意を引く手法)が「壊されし亡霊」の報酬に現れました。

 

このティーザーはバンガロールの今後のシーズン6ストーリーにも関連している可能性もあります。

バンガロールがレジェンドになる前に彼女の一部でもあったIMCが「彼ら」も関連している可能性が考えられるように(あくまで可能性の話ですが)。

 

 

Apexは現在「シーズン12までの構想がある」とも発表しています。

バンガロールの兄弟もストーリー上で関わる可能性もあり、今後彼女の兄弟がレジェンドとして使用可能になるとの噂もあるので期待ですね。

 

 

Apex Legendsの次のパートでバンガロールが中心的のストーリーを迎える前に、Respawnにはゲームを盛り上げるための2つのプロットがあります。

 

1つは壊されし亡霊の結末で、これは7月15日水曜日にゲーム内で予定。

もう1つはキングスキャニオンバンカーの謎とクリプトが受け取ったコード化されたメッセージ。

 

これらは次のイベントで公開される予定なので、楽しみに待ちましょう。