【CoD:MW】パッチ1.17 WARZONE(バトロワ)開幕

2020/3/11に大型パッチ1.17がリリースされました。

 

Call of Duty開発者のInfinity Wardは、Modern Warfare Season 2の1.17アップデートをリリースし、Warzoneバトルロワイヤルモード、VLK Rogueと呼ばれる新しいショットガン、および物議を醸す725を含むゲームのいくつかの側面の変更を導入しています。

 

Call of Duty®: Warzone – Official Trailer

 

WarzoneはCall of Dutyの最新バトルロワイヤルの名前であり、2018年のBlackoutのリリースに続くこのジャンルでのフランチャイズの2回目の実行です。

 

MW発売以降、SGカテゴリーに初めて追加された新SG、VLK Rogueが今パッチから使用可能です。

 

開放する条件はやや長めですが、以前ほど面倒ではなく「5つのアタッチメントを装着した武器で7キルを15マッチ」すること。

 

 

725の変更

発売から色々言われてきた725ですが、今回はソードオフバレルの調整が入り強化と弱体が両方あります。

  • 移動速度の増加
  • ADSスプレッドの増加
  • ADSダメージの減少
  • 遠くのダメージ範囲の縮小
  • 非常に致命的な近接ダメージ範囲を拡大

 

パッチノート(翻訳)

  • 検索とレスキューを追加
  • メイヘムモッシュピット(10v10グラインド、ドロップゾーン、クランク)を追加
  • 「地上戦のブーツ」の削除

一般的な修正:

  • 新しいショットガン:「VLK Rogue」
  • Defcon NukeがRealism Ground Warでオフになった後、リスポーンを妨げていたバグを修正しました 
  • Thermite Crossbowに当たったときのJuggernautsのダメージが増加しました 
  • ハックニーヤードとピカデリーの修正を含む、さまざまなエクスプロイトの修正 
  • はしごを登るときに装備されていたピストルとは異なるピストルが表示されるバグを修正 
  • MP7ベンガルのバリアントと一緒に使用されたチャームが武器を通ってクリップするバグを修正しました 
  • Ground Warエクスプロイトのさまざまな修正
  • スペシャリストを介して特典が付与されている間にプレイヤーが死亡した場合、死亡後も一定の黄色の「High Alert」画面が残るバグを修正 
  • チャレンジが完了した場合でも、チャレンジフィールドに0を表示するアクション後レポートのバグを修正しました 
  • Rustのクロールスペースの近くで戦術的な挿入を使用した後、マップ上の他の場所でプレイヤーを生成するバグを修正しました 
  • プレイヤーがドライバーまたはパッセンジャーの場合、すべてのチームメイトにラジオVOをスパムするGiant Infectionモードのバグを修正しました 
  • ラウンドカウントダウン中にプレイヤーがスロー可能なフィールドアップグレードを展開できるバグを修正しました。カウントダウンが終了した後も、プレーヤーは別のフィールドアップグレードを利用できます。これは修正されました 
  • 正方形または円形のミニマップを切り替えるオプションが追加されました 

Call of Duty League:CDLパブリックプレイリストの.357スネークショットを制限しました

武器:

  • 725ソーイングオフバレル:
    • 移動速度の増加
    • ADSスプレッドの増加
    • ADSダメージの減少
    • 遠くのダメージ範囲の縮小
    • 非常に致命的な近接ダメージ範囲を拡大
  • RAM-7バリアント、「The Corrupter」がスナイパースコープの使用を許可しない問題を修正
  • Model 680で「無限の弾薬」グリッチを作成する可能性があるバグを修正しました 
  • 「Bludgeoner」LMGおよび「Skull Hammer」ショットガンの弾薬の説明を更新 
  • Grau 5.56でNVG Thermal Scopeを使用するとグラフィカルなバグが発生する可能性があったバグの修正 

ミッションと課題:

  • スナイパーライフルが使用されたときに「One Shot One Kill」スプラッシュメダルのみが画面に表示されるバグを修正。これは、ショットガンやマークスマンライフルなどの単発武器が使用されるたびに表示されるように修正されました。
  • 「軽機関銃で50キルを獲得」チャレンジが意図したとおりに追跡されない問題を修正
  • ゴーレムの3 番目の  ミッション目標である「致死装備を使用して5キルを達成」が正しく追跡されない問題を  修正
  • すべての車両は、「X車両の乗り越え殺し」を必要とする課題への進歩を授与します 
  • プレイヤーが「アライアンス」ミッションで進捗する際のスプラッシュ画面とゲーム内HUDの更新

クラシックスペシャルオペレーション:

  • プレイヤーが敵AIでフィニッシュムーブを使用できないというバグを修正しました。これは修正されました 
  • Bomb Squad:最後の爆弾が解除されるまで敵が出現しない可能性があるバグを修正 

特別作戦:サバイバル  -Azhir Cave(夜)とSt. Petrogradのリーダーボードが追加されました

特別な操作:

  • うつ伏せまたはしゃがみ込んでいるときに蘇生するとき、カメラは固定位置になりました
  • 人質は、境界から外れると安全な場所にリセットされます
  • 最後に生きたプレイヤーがチームリバイブを呼び出したが、他のプレイヤーが自分自身をリバイブする前にダウンした場合、マッチの終了を修正します。
  • ジャガーノート音楽が意図せずに留まる可能性のあるいくつかのインスタンスを修正 
  • ヘビーヒッターの武器パークを2倍の近接ダメージに増加させる
  • パラシュートを使用しているプレイヤーが範囲外にドリフトした場合、「範囲外」の警告が表示されるようにします
  • プレイヤーが最後のスタンドにいる間に表示されるヒントプロンプトの修正
  •  ヘッドハンター作戦中に 4 部隊のリーダーがスポーンするのを防ぐことができるエッジケースの修正
  • Operation Just Reward:携帯電話のインテルがドロップに失敗する問題を修正
  • Operation Strongbox:敵のWheelsonを破壊してもXPが付与されないバグを修正

キーボードとマウス:  KBMプレーヤーがソーシャルメニューの[パーティー]タブでユーザー名を右クリックすると、コンテキストメニューが表示されるようになりました

PC:

  • クラッシュを防ぎ、安定性を向上させるためのいくつかの修正
  • 最新のBattle.netクライアントを使用している新しいPCプレーヤーは、Battle.netの資格情報を使用してActivisionアカウントを作成する簡単なワンクリック方法にアクセスできるようになりました
  • 特定のソーシャルメニューのポップアップメッセージが高アスペクト比で誤って表示されるいくつかのケースを修正

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥3,907 (2020/09/17 07:49:21時点 Amazon調べ-詳細)