【CoD:MW】Holger-26の性能 ARのようなLMG 

今回はパッチ1.10で追加された新LMG、Holger-26(ホルガー26)の性能について書いていきます。

 

この銃はLMGカテゴリー最速のリロード速度を持っており、装弾数も100発なので継戦能力はかなり高いです。その反面威力は控え目であり、胴体にダメージボーナスが無く必要弾数を減らすにはヘッドショットが求められます。

Holger-26の余談

Holger-26の元ネタはKilo(HK433)の前身モデルであるG36です。

 

過去作のMWシリーズで登場したのはARモデルであるG36cになりますが、今作でも弾薬アタッチメントを変更すれば再現可能。

 

 

G36は90年代にドイツが「過酷な環境下でも支障なく使える銃」を目指し開発したもので、土に埋めて掘り出した後すぐに射撃できたり水中に沈めても10分以内なら射撃可能など耐久性に優れた特徴があります。

 

 

余談の余談になるけどG36は銃剣装着可能ですが、ドイツでは銃剣が禁止されているので銃剣を装着したG36を見る事は無理だったり。

 

近代戦のゲーム、アニメや映画にも数多く登場し、この銃もM4A1と同じく認知度が非常に高い銃だったりします。

個人的にMI:3(ミッションインポッシブル3)でトム・クルーズがバラバラのG36を組み立て使ってるとこが印象的。

Holger-26のスペック

Holger-26
ダメージ
ヘッドショットダメージ(1.49x)
28-23(4-5発キル)
42-34(3-4発キル)
発射レート759RPM
射程距離40M(4発)-40M~(5発)
ライトウェイトサプレッサー(-25%)
モノリシックサプレッサー(+7.5%)
TTK237-316ms
装弾数30/60
リロード時間2.47s
ADS速度366ms
スプリントアウト通常ダッシュ267ms
スーパーダッシュ400ms
移動速度
ADS中の移動速度
88%
34%
ADS速度

・標準=366ms
・ウルトラライトバレル=333ms
・スプリットファイアバレル=300ms
・ストック無し=316ms
・XRKストック=300ms
・タックレーザー=316ms
・ステッピング加工グリップ=316ms
・30ラウンドマグ=300ms

最大250msまで短縮

ダッシュ後射撃可能時間

・標準=267ms
・ステッピング加工グリップ=216ms
・5mmレーザー=216ms

冷凍みかん冷凍みかん

LMGとARの中間の様な性能

THE NEW G36C! (Call of Duty: Modern Warfare Holger 26)

Holger-26の特徴

G36のLMGバージョンという事でARに近い性能を持っています。

 

100ラウンドマガジンを装着したKiloに近い性能で、レートもほぼ同じで良く比較されやすいと思います。しかしLMGとして見るとダメージボーナスがヘッドショットしか無いので他LMGとの撃ち合いは苦手。

 

 

LMGとしては微妙な点もありますが、ADS速度に極振りすればKiloと大差無い性能として扱えます。

 

個人的には強化パーツとしてではなくファンサービスでG36モデルを追加したのかなという認識です。

アタッチメント・カスタム

おすすめカスタムは

・コンベンセーター

・コマンドフォアグリップ

・サイト

・ステッピング加工グリップ

・ストック無し

 

弾数が豊富なので扱いやすさを向上させたカスタム。

 

右上に対して反動があるので反動制御・安定化のアタッチメントを組み合わせると扱いやすさがグッと上がります。素の射程距離が40MあるのでADS速度強化が基本になります。

 

LMGにしては取り回し面に優れてますが、ARとして見ると重めになるのでADS速度に集中すると良いでしょう。

 

個人的にG36のサイトはかなり苦手なのでサイト運用をおすすめしています。

 

 

Kiloと同じくどれも標準的な性能で扱いやすい面はありますが、尖った部分が少ないので立ち回りに注意が必要です