【Hyper Scape】UBIがバトロワ参戦!オープンβは7月12日から

今回は最新作バトロワゲームであるHyper Scape(ハイパースケープ)について書いていきます。

 

開発会社はR6Sやアサシンクリードでお馴染みのUbisoftなので非常に高い期待と注目を集めていますね。

配信サイトTwitchでストリーミングし始めてから約30分以内に約50万人の視聴者が集まっています。

 

 

 

なお対応機種に関してはPC、PS4、Xbox Oneでリリースする事が決定しています。

Hyper Scape: Official World Premiere Trailer | Ubisoft [NA]

Hyper Scapeのテクニカルテスト・βテストについて

7月7日に負荷実験を目的としたテクニカルテストが実地されます。

残念ながら日本は対象外なのでテクニカルテストには参加出来ません。

 

テクニカルテストに参加できる国は、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、米国となっています。

 

 

7月12日にオープンベーター版を介してPC版が先行リリースし、PS4とXbox One版は後日(今夏)配信予定。無料の10層までのバトルパスがあり、βテスト中で獲得した全てのアイテムは製品版にも引き継がれるとのこと。

 

ゲーム内容

Hyper Scape(ハイパースケープ)は2054年の架空世界、ネオアルカディアで行われる未来系FPSです。

最大100人までの接続と時間と共にエリアが縮小していくバトルロワイヤルゲーム。

動きと垂直性に多くの重点が置かれているのが特徴でプレイヤーはジャンプを2回行って構造物を登ることができ、落下によるダメージはありません。

 

テスト期間中はソロ、トリオモードがあるのが確認されていますがデュオ、スクアッドに関しては不明です。

 

 

従来のバトロワと違う点は勝利するための別の方法が用意されている事。

試合終盤にハイパースケープクラウンと呼ばれるものがマップ上に表示され、入手し45秒間そこに留まる事が出来れば勝者になれる。

最終局面の選択肢が増える事で新しい戦略が生まれるかもしれない?

 

確キルされてもエコーフォームに移動し、そこから偵察したりピンを指したりチームへ貢献できるようになります。

また敵プレイヤーを倒せばチームメイトの復活も可能らしい?

 

 

武器はショットガン、ピストル、グレネードランチャー、マシンガン、スナイパーライフルが用意され一度に2つずつ運ぶことができます。

そしてすでに持っている武器を見かけたら「融合」する事ができ武器のグレードアップが可能に。

これは結構面白そう。

 

 

また「ハック」と呼ばれる能力も確認されています。

「ハック」はあなたが回避するのに役立ちます、そしてあなたは2つの能力のためのインベントリスロットを持っています。たとえば、すぐに高さを増したり(または敵から身を守ったり)、テレポートしたり、見えなくなったり、跳ねるボールに変わったりしたい場所に壁を構築できます。他のハックには、熱に弱い鉱山、近くの敵の場所や鎧を明らかにするオプションがあります。後者はすべてのダメージを無効にしますが、アクティブな間は武器を使用できません。ラウンド中にハックを交換してアップグレードできます。

 

個人的な感想

Apex、WARZONE、フォートナイトなど世界的にもまだまだ人気なバトロワですが、UBIという巨大な企業が参戦してくるとなると嫌でも盛り上がります。

 

サイバーチックな雰囲気なので好みは別れそう。

しかし未来系FPSはスピード感やアクション性が高いのが特徴なのでApexみたいなゲームが好きな人は刺さるかも。

 

 

UBIがバトロワ業界にどこまで食い込めるか注目ですね。

 

関連記事

【Hyper Scape】リリース当初に実装される武器9種