【Apex】シーズン10エマージェンス 初期パッチノート内容

次シーズンのパッチノートが公開されたので内容を翻訳でまとめました。

 

現在はシーズン9が公開されていますが8月3日に終了し、翌日8月4日からシーズン10エマージェンスが開始される事になっています。

 

シーズン10の主な内容は新レジェンド「シーア」の追加、ワールドエッジマップのメジャーアップデート、アリーナのランク導入が注目されています。

 

【Apex】シーズン10の新レジェンド、シーアはどんな性能?8月4日に公開予定

新しいアリーナマップ

シーズン10ではアリーナに3つのBRロケーションが追加されます。

  • キングスキャニオン–ヒルサイド
  • ワールドエッジ–ドーム
  • オリンパス–オアシス

 

 

 

新しい武器 ランページLMG

 

シーズン10で新武器のランページLMGが追加されます。

 

この武器の詳細な情報は未だに公開されていませんが、センチネルのセルチャージと同様にテルミットグレネードを使用したチャージが確認されています。

 

 

ランクバトルロワイヤル

シーズン10でのランクモードは大きな変更はありません。

 

いつもの様に前半戦、後半戦で使用マップが変更されます。

 

スプリット1:ワールドエッジが9月22日まで

スプリット2:キングスキャニオンがシーズン終了まで

 

レジェンドの調整

バフ(強化)

コースティック

  • 毎秒5ティックのダメージの代わりに、苛性アルカリのガスは1秒おきにダメージが増加します(つまり、5、5、6、6、7、7など)。増加できる量に制限はありません。
  • CausticのNoxGas Grenadeから作成されたガス雲は、5秒早く消散します。

 

ホライゾン

  • 重力リフトで空中で操縦するホライゾンの能力は、次のシーズンにシーズン7の状態に近づくように調整されています。しかし、それは完全な復帰ではありません。

 

ヒューズ

  • ヒューズのナックルクラスターは2倍長持ちするため、エリアをより長く拒否することができます。
  • マザーロードで捕らえられた敵はハイライト表示され(建物内や壁の後ろにいる場合でも)、ヒューズとその仲間がフォローアップ攻撃を計画しやすくなります。

 

ナーフ(弱体化)

レヴナント

  • 敵は、デストーテムの死の保護が終了しようとしているときに、可聴および視覚的な表示を受け取り、レヴァナントとその仲間が脆弱になりそうであることを知らせます。

もちろんこれは完全なリストではありません。また、Rampartのようなキャラクターのために、シーズン半ばのアップデートでさらに多くの変更が計画されています。

 

ケアパッケージの武器

スピットファイアは弱体化前の状態でケアパッケージに移行します。

オルタネーターがケアパッケージに移動して、これにはディスラプターラウンドが付属しています。

ケアパッケージを離れるのはプラウラーです。このSMGは通常のフロアルートに戻りますが、フルオートでそれが好きな人にとってはがっかりするでしょう。バーストファイアモードが有効になっている場合にのみ使用できます。

 

武器の変更

EVA-8

  • ショットガンボルトによる発射速度が低下

Lスター

  • バレルスタビライザーを装着可能
  • 拡張エネルギーマガジンを装着可能
    • エネルギーマグを延長すると、過熱までの時間が長くなり、クールダウンが短くなります

アタッチメント

  • リロード速度が拡張マグではなくストックに関連付けられるようになりました
  • マークスマンライフルはスナイパーストックを使用

ホップアップ

  • アンビルレシーバーが削除されました
  • クイックドローが削除されました–ピストルに組み込まれました
  • 新しいホップアップ:ブーストローダー
    • より速いリロード
    • 適切なタイミングでリロードされた場合のボーナス弾薬

 

 

現在公開されているパッチ内容は以上になりますが、シーズン途中でも調整パッチが入る事が予想されるので完全なパッチノートはこれから順に公開されるでしょう。

 

【Apex】シーズン10 武器調整の内容