【Apex】ピースキーパーの性能 精度に優れたショットガン

今回はピースキーパーの性能について書いていきます。

 

ADS中にチョークが収束していき中距離でもダメージを与える事が出来ます。

 

腰だめ精度も良く円範囲(正確には☆型)に拡散するのでマスティフよりも腰だめ撃ちで戦いやすい。

しかし次弾までの間隔が遅くマスティフにTTKは負けてしまっています。

 

※シーズン9で通常ドロップ武器へ

 

ピースキーパー

ピースキーパー
レバーアクションショットガン
基本性能
タイプショットガン
射撃モードシングル
弾薬タイプ スペシャル弾
発射速度44RPM(
ダメージ 
ヘッドペレットあたり11(1.25x)
合計143 (11×11)
ボディペレットあたり10個
99(9×11)合計
レッグペレットあたり8個
88(7×11)合計
DPS9-99
タクティカル
マガジンサイズ5
ADS中移動速度-10%
反動影響なし

 

ダメージプロファイル

標準ダメージキル必要弾数
100HP
150HP

175HP

200HP

225HP

ヘッド12112222
レベル1ヘルメット12112222
レベル2ヘルメット11012223
レベル3/4ヘルメット11012223
ボディ9922233
レッグ7722333

 

※鉄壁相手にはダメージ15%低下

対象レジェンド

・ジブラルタル

・コースティック

鉄壁ダメージキル必要弾数
100HP
150HP

175HP

200HP

225HP

ヘッド9922233
レベル1ヘルメット9922233
レベル2ヘルメット9922233
レベル3/4ヘルメット9922233
ボディ8822233
レッグ6623344

 

ピースキーパーの長所と短所

ピースキーパーの長所

・ベレットを全弾命中させると大ダメージ
・腰だめ精度が良い
・射程に関係なくヘッドショット効果を失わない唯一のショットガン
・弾薬が専用なためカバン枠の節約が出来る

ピースキーパーの短所

・リロード時間が遅い
・高いダメージを与えるには正確に狙う必要がある
・発射間隔速度はバレル付きマスティフに負けている
・専用弾は補充が困難

ピースキーパーの特徴

腰だめ精度が良くバレットが円形の拡散なので大ダメージを狙いやすい。

その代わりしっかりと狙いをつける必要があるので繊細な操作が出来る人向け。

 

リロード速度が遅めで装弾数も5発と若干扱いにくい面があります。

マスティフと比較されやすい武器ですが、射撃間隔はマスティフの方が速くTTKは負けています。

 

1発の威力は高く精度に優れている武器なのでやや上級者向けの性能をしている銃。

 

武器の組み合わせ

ウイングマンなど弾持ちが良い武器と合わせると物資の確保がしやすいです。

ピースキーパーは中距離も狙えるSGですがチョーク収束まで時間がかかってしまうので中距離はR301など他武器で代用しましょう。

 

シーズン8でのピースキーパー

・マスティフが弱体されたのでインファイトでは最強クラス。

射程も長く2発キルを取りやすいので1vs1にかなり強い武器になっています。