グーグルアドセンス(広告収入)の審査を2回目で通過した時のお話

グーグルアドセンス(広告収入)の審査を2回目で通過した時のお話

ブログやサイトを運営してる方なら誰もが1度は聞いたことがあるGoogleAdsense(グーグルアドセンス)。広告収入と呼ばれるクリック型報酬のASPの中では最大手で、その分審査はかなり厳しいとの声も良く聞きます。

ブログやサイト運営で収益化を目指してる方なら殆どの方が導入している位有名なので、是非審査を通過したいところ。現在は無料サイトでは掲載不可だったり、日記ブログでは審査が通りにくかったり更に厳しくなったとの声も。

それにGoogle側の基準が曖昧な部分も多く、どう改善していいかわからない場合も多いです。

そこで今回はブログ開設2カ月目+2回目の審査で通過した自分の経験や気を付けた事を書いていくので、審査に悩んでいる方に少しでも助けになれば幸いです(ノ´∀`*)

 

審査に悩んでる方はとても多いので、様々な方がアドバイスの記事を書いていますのでそれらも参考にしたまとめになります。

大きく分けると

 

・他のASP広告を張りすぎない

・出会い系やアダルトサイト等の18禁広告やサイトへの誘導を行っていない

・無料サイトではなく有料サイトを使う

・記事数を一定以上掲載して「質の良い記事」を書いている

・プロフィールを作成して運営者がどのような人かわかりやすくする

・プライバシーポリシー等の概要欄を掲載している(重要)

 

基本的にはGoogleAdsenseの注意事項を守れば問題なさそうです。しかし守っているはずなのに審査が通らない…という場合が殆どなので少し細かくまとめていきたいと思います。

 

 

他のASP広告を張りすぎない

他広告を張ること自体は違反では無いのですが、あまりにも広告数が多いと優良なサイトだと判断されないらしく評価が下がってしまうようです。

管理人は始めたてということもあって広告はほぼ掲載していませんでした。広告を掲載した場合、多すぎないとされる基準は1画面に広告は3つまで、という話もあります。

あと規約にもありますがGoogleAdsenseの審査に通過した後も、広告が多すぎて不適切だと判断された場合登録の取り消しもあるようなので注意。

 

 

出会い系やアダルトサイト等の18禁広告やサイトへの誘導を行っていない

出会い系やアダルトサイト等の18禁コンテンツは、これらも不適切なサイトと判断される為審査が難しくなります。規約違反にもなるのでこちらは審査が通過しても掲載しない方が良いですね。

18禁コンテンツを導入したい方はアドセンスを使用していない他サイトで利用するようにしましょう。

 

 

無料サイトではなく有料サイトを使う

以前は無料ブログなどでも登録できていたようですが、現在はWordPress など有料サイトでないと登録する事が出来ないようです。有料サイトはサーバー契約が必要なので月額がかかってしまうのが難点ですね。

ちなみに管理人はWordPress を使用しており、サーバーはXSERVER(エックスサーバー)を利用しています。

 

過去記事ではヘテムルとエックスサーバーの比較記事なども書いているので気になる方は参考にしてみてください!

ヘテムルの料金は高い?エックスサーバーと差は無い

 

 

記事数を一定以上掲載して「質の良い記事」を書いている

これが1番頭を悩ませると思います(;´∀`)

グーグルは記事の数が多ければ多いほど評価してくれる傾向があるので(一概には言えませんが)。最低でも10記事。出来れば15記事は欲しいとされています。

 

それに加えて「質の良い記事」ということなので、一体なんのこっちゃ?となりそうですがグーグルは「人の役に立ちそうなもの」を評価するのでまとめ記事や紹介記事、お役立ち情報などを書くと評価されるかもしれません。その反面、個人の日記や雑談系は評価されにくくなっているので注意です。

記事数も多いだけでは駄目で、目安としては1記事1000~1500文字で作成した方が評価されやすいかもしれないです。

 

管理人は審査が通った時の記事数は12で、1記事辺り1000文字前後でした。参考までに(*- -)(*_ _)ペコリ

 

 

 

プロフィールを作成して運営者がどのような人かわかりやすくする

プロフィールなどは軽視しがちですが、サイトを訪れた人はプロフィールなどで管理者がどのような人かわかれば安心する傾向にあるようです。グーグルもこれを評価しているらしく、プロフィールはしっかり掲載しておいた方が良いですね。

 

 

プライバシーポリシー等の概要欄を掲載している

これは結構見落としやすく、私自身もこれで1回目の審査は落ちてしまいました(;´д`)トホホ…

 

どうやらプライバシーポリシーと管理者への問い合わせ先の掲載は必須なようで、サイトのどこでもいいので掲載しておく必要があります。審査中はヘッダーなどのトップに掲載すると訪問者の目が行きやすいので評価されやすくなるようです(審査を終えた後は移動してもOK)

後はブログの概要欄(ブログの目的等)も掲載しておくと評価は高まります。

 

プライバシーポリシーの書き方ですが、他サイトの方のをコピペ掲載しても問題ないようです。こちらも参考までにここのプライバシーポリシーを張っておきます(´∀`*)

プライバシーポリシー

 

プライバシーポリシーを書く時の注意点としては、アナリフィクス等で訪問者のデーターを観測し保存している事を伝えなければいけないので、これらの掲載が必須となります。これが無いといくら記事を書いても無効になるのでかなり重要!

 

 

 

まとめ

ざっくりとまとめただけなので、わかりにくいところも多かったと思います(;´∀`)

しかしグーグルの判断にすべて委ねられているので「これをすれば必ず受かる!」みたいなものは中々難しいです。記事数をたくさん書いているのに中々受からない等。

なので今回は多くの人が見落としてそうなところを中心に書いてみました。もし通過出来たら良いブログ生活を(ノ´∀`*)

 

おすすめ記事 昔パチスロ依存症だった私が債務整理や依存克服したときのお話

ブログ運営カテゴリの最新記事