令和元年と令和1年、どちらが正しい?

令和元年と令和1年、どちらが正しい?

西暦2019/4月で「平成」が終わり、2019/5/1から新元号「令和」が始まりました

2019年の今年は令和元年というわけです

 

しかし書類記載などで「ここには令和1年と記入してください」といった事例もあります

多くの方は「あれ?今年って令和元年じゃないの?」と疑問に思うでしょう

 

今回は元年と1年の違いや書類等の書き方の違いについて書いていきます

 

日本語的には「元年」の方が正しい

役所などの公的書類には規約として西暦ではなく和暦を使用する事となっています。なので記入する場合には「令和〇年」といった書き方をしなければなりません。確かに書類等では「平成〇年」といった記入の仕方が殆どでしたよね

和暦の場合、元年と表記するのが日本語的にも正しいのでこちらで問題ないでしょう。でも「じゃあ何で令和1年って表記しなければならないの?」という事になるので続けて書いていきます

 

パソコン上での表記の都合

令和1年と記入しなければならない理由の1つとして、パソコン等のシステムの都合というのがあります。Excel等のパソコンソフトで新元号を入力しても令和1年と表記されるものもあります。今後は様々なパソコンソフトが修正を行っていくでしょう

 

アルファベットでの記載の場合

書類によってはアルファベットでの記載(丸で囲むやつですね)を行うタイプも良くありますよね

M=明治

T=大正

S=昭和

H=平成

といったようにそれぞれの頭文字を記載されています

新年号令和の場合はRになるので

R=令和

となります。アルファベットでの記入する場合はR元年、ではなくR1年、といった表記をしなければなりません

 

元号が適用された以前の日時に使う場合

2019年5月に年号が令和に変わったわけですが、それ以前の日時(2019年5月1日以前)を記載する場合は「令和1年」と表記する場合もあります。簡単に言ってしまえば2019年5月1日以降の日付のものは「令和元年」。2019年1月1日から4月30日のものは「令和1年」とわけて考えれば覚えやすいですね

 

最後に

一応細かく分けられていますが、元号表記に関しては書類によるものが多いので困ったら聞いて確認してみるのが1番でしょう(;´∀`)

元年以前の表記に関しては令和1年、だけではなく平成31年、と表記するものもあるので尚更です

 

ちなみに来年の2020年1月1日からは「令和2年」となるので今年だけの悩みですね(安心

 

暮らし・生活カテゴリの最新記事