やる気を出すドーパミンを簡単に出す方法は褒めるに限る

いきなりですが、これを読んでいる貴方は「普段からやる気が出なくて困っている…」という悩みはありませんか?

私自身もやる気が中々出ないタイプで、日々の生活でも何事も後でやろうと後回しにしがちでした

その時に何でこんなにもやる気が出ないのだろう?って疑問に思ったんですよね。自分が生粋の怠け者なだけかもしれませんが、やる気が中々出なくて悩んでる人は多いです。なら何か理由があるのではと思い色々調べてみました

やる気を出すにはドーパミンという脳内物質を分泌させる必要があると科学的に証明されています。やる気に満ち溢れている状態は、このドーパミンが大量に分泌されている状態って事ですね

簡単に言えばドーパミンを出せばやる気は出てくるわけです

しかし出せば良いとはいったもののどうやってドーパミンを出すか。簡単に出せるならみんなやる気に満ち溢れた世の中になってるはず…

でもドーパミンって簡単に出せるコツみたいなのはあるんですよね!

今回はやる気が出るドーパミンを簡単に出す方法を書いてきます

良い結果を経験するとドーパミンは出るが…

例えば、頑張って努力してテストで良い点数を得られた時などにドーパミンは分泌されるわけですよね

しかし毎回努力するのは大変だし、次の結果を得られるまでがしんどい…って思いがちですが、1回良い点数を採れたのを脳が覚えているので

努力をする=ドーパミンが出る

つまり勉強をする段階でドーパミンが出るので今回も勉強をしようとするやる気が出てくるわけです

でもこれだ良い結果を経験しなければならないし、時間もかかるし簡単ではないですよね。しかも時間がかかると良い経験が出来たとしても脳は忘れるため効果的ではありません

それではもっと簡単な出し方を見ていきましょう

褒められる

これが最も効果的なドーパミンの出し方。上記で紹介した方法は難しくハードルが高めです。なのでハードルは思いっきり下げるのが重要になってきます

人は褒められると単純に嬉しくなり、次も褒められたいという欲求が湧いてきますよね。これによりやる気も出しやすくなります

ここで大事なのは褒められる間隔を出来るだけ短くする事です。先ほども書いた通り、時間を置くと脳が忘れてしまうので頻繁に褒めてもらうのが重要ですね

今日は〇時間勉強した~とか今日は会社でこれだけ頑張った~とか家の家事をこれだけこなした~とか何でもいいので!

わざとらしく褒められても人間の脳は単純なようでそれでも効果はあるのです

褒められるには環境を作る必要があるので、家族や友人や恋人などに協力してもらいましょう

今だとSNSとかでお互い褒めあう友人を作るのも〇です

ここで、「え~そんなの面倒臭いし」って思う方も居るかもしれません

しかし!褒める事ってのはその場で直ぐ、簡単に、タダで出来るんですよ!これからの生活を頑張りやすくするための土台作りとして考えれば、この位の努力はする価値があると思います(・∀・)

目標を低く設定して自分を褒めやすくする

ハードルが高すぎたり、結果を出すのに時間がかかるものを目標にするとやる気が出にくいですよね

未来の自分というのは実感しにくいのが原因なのです

それならば直ぐに達成出来るものを目標に定めていき、ドーパミンを得られやすい環境にしていくのが大事

例えばテストで良い結果を得るのを目標にするのではなく、1日1時間勉強するのを目標にして達成出来たら自分を褒めたり

禁煙しようとしてる人だったら2~3時間禁煙したら自分を褒めたり

自分を褒めやすい環境にしていくのがきっかけとしては大事ですね

まとめ

目標を低く設定し、褒められやすい環境にするのが効果的です

自分を追い込んだり、気合だけで乗り切ろうとするとそれでもやる気というのは出てきます

でもそれだとストレスもあるので、また同じ事をしようとすると体が覚えているので嫌がりやる気に繋がりにくくなってしまいます

他にも音楽を聴きながらやったり、サプリメントで栄養補給するのも効果はありますが

人に褒めてもらえるのが1番やる気が出るので今回は褒められる事に焦点を合わせました

みなさんのやる気スイッチは入りそうですか?