有給が義務化でブラック企業救済なるか

ブラック企業に勤めている人に朗報となりそうな

年次有給休暇取得義務化」が6月29日の参院本会議にて、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案が可決、成立しました。

これにより、有給休暇5日の取得義務化されることに

具体的にいつから?

労働基準法が改正される施行日は平成31年(2019年)4月1日に決定しています。これで使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、そのうちの5日について、毎年、時季を指定して与えなければならない」という内容が見込まれています

非正規社員等には該当するのか?

義務化されるのは、10日以上の有休が付与される人のみです

年に10日以上有休が付与されるパートやアルバイトには、確実に有休を5日取得させなければいけません

残念ながら10日以上の有休が付与されないパートやアルバイトには、有休を5日消化する義務はないようです

しかし、「有給休暇がない労働者や不足する労働者については、特別の休暇を与える、年休の日数を増やす等の措置が望ましく、そのような措置を取らずに休業させる場合には休業手当の支払いが必要である」なので10日未満の非正規の方でも会社は負担してくれる事もあると考えられます

ブラック企業に勤めていた人には朗報ですが、不安な部分もあります。計画的付与の実地が決定されているので、今まで問題なく有給を消化出来ていた人には不便になる可能性も

計画的付与とは?

簡単にいうと、今まで有給消化の日付は使用者が決めてきました。計画的付与は会社側は有給消化の日付を指定する事です

同じ時期に一斉に休まれたり、忙しい時期に出勤してほしい場合等の理由で会社側の都合で有給消化日を指定されるかもしれません

これも上記の年次有給休暇取得義務化と同じく決定済みです

感想

厚生労働省「2020年までに有給休暇取得率70%とする」との政府の数値目標が掲げられているので労働者にとっては朗報なのは間違いないと思います。しかし計画的付与ブラック企業が労基を守らないのではないか?と不安も少なからずあります

手放しに喜んで良いのかまだ何ともいえない感はあるのですが、これを機に社畜と呼ばれる人が減っていく社会になることを願っています