【Apex】R-301カービンの性能 高精度で中距離に強い銃

今回はR-301カービンの性能について書いていきます。

 

高精度で中距離に強いアサルトライフルですが発射レートが高いので近距離にも対応しやすい銃です。

 

R-301カービンのスペック

R-301カービン
高精度のフルオート
基本性能
タイプアサルトライフル
射撃モードフルオート、シングル
弾薬タイプ ライトアモー
発射速度816RPM (弾速736M/S)
ダメージ 
ヘッド28(2×)
ボディ14
レッグ11(0.75×)
DPS182
タクティカル
マガジンサイズ18/ 20 / 25 / 28
ADS中移動速度-50%
反動垂直+右カーブ

 

ダメージプロファイル

標準ダメージキル必要弾数
100HP

150HP

175HP

200HP

225HP

ヘッド2846789
Lv1ヘルメット2546789
Lv2ヘルメット225781011
Lv3/4ヘルメット215891011
ボディ14811131517
レッグ111014161921

 

※鉄壁相手にはダメージ15%低下

対象レジェンド

・ジブラルタル

・コースティック

鉄壁ダメージキル必要弾数
100HP

150HP

175HP

200HP

225HP

ヘッド24578910
 Lv1ヘルメット225781011
 Lv2ヘルメット1968101112
 Lv3/4ヘルメット1869101213
ボディ12913151719
レッグ91217202325

 

装備可能アタッチメント

  •  1xホロ
  •  1xHCOG「クラシック」
  •  2xHCOG「ブルーザー」
  •  1x-2x可変ホロ
  •  3xHCOG「レンジャー」
  •  2x-4x可変AOG

アイアンサイトが非常に見やすいので無くても戦いやすい。
3倍以上を使うならバレルLv2以上が無いとブレが厳しいです。

  •  バレルスタビライザー:(コモンレアエピックレジェンダリー
  •  拡張ライトマグ:(コモンレアエピック
  •  ストック:(コモンレアエピック

装弾数が少ないので拡張マグは必須。
バレルは精度の良さを生かす為にもLv2以上は欲しい。

R-301カービンの長所と短所

R-301カービンの長所

・高精度だけでなく発射レートと弾速にも優れる
・2倍のヘッドショット倍率
・近~中~遠と戦える汎用性
・アイアンサイトが非常に見やすい

R-301カービンの短所

・ダメージが低め
・ベースの装弾数が少ないので拡マガ必須
・反動パターン的に超ロングの敵は狙いにくい

R-301カービンの特徴

最大の特徴は低反動による精度の高さなので中距離を安定して戦えます。

発射レートが高いので近距離戦もこなせますが、腰だめ精度は平均的なのでADSして戦える距離を維持したい銃。

 

・発射レートが高いわりに初期装弾数が18発と少なくダメージも低めなので仕留めきれない事も多いです。

最低でも青マガジン以上無いとメインで運用するのは厳しいかも。

ヘッドショット倍率が2倍と高いので弱点を補っていきたい。

 

バレルや拡張マガジンが揃えば強武器と呼べる強さ

しかしノーアタだと使いにくいのでアタッチメント依存が強い銃といえます。

 

武器の組み合わせ

 

・ARなので機動力の高いボルトなど近距離系の武器を組み合わせて持ちたいところ。

弾持ちが若干悪いのも欠点なので、マスティフを持っていけば弾枠の節約や近距離戦を補えるので相性が良いです。

 

シーズン7でのR301カービン

・基本的にどのマップでも戦いやすいのですがオリンパスは射線が通ってる場所が多いのでR301の精度が生かしやすく相性が良いです。

 

シーズン8でのR301カービン

・アンビルレシーバーが追加されているので中~遠距離も更に戦いやすくなっています。