【Apex】ウイングマンの性能 高威力のピストル

今回はウイングマンの性能について書いていきます。1発の威力が高いハンドガンですが弾速が遅いので命中させる難易度は高めです。

 

ヘッドショット倍率が2.15倍と高いので期待値は全武器中トップクラス。扱うのは難しいけど逆転要素が高い玄人向けの武器になっています。

 

弾数が少な目ですがホップアップのブーストローダーが実装された事で現環境では強武器の部類に入ります。

 

冷凍みかん冷凍みかん

プロゲーマーも愛用してるイメージ

ウイングマンのスペック

ウィングマン
リボルバー
基本性能
タイプピストル
射撃モードシングル
弾薬タイプ ヘビーアモー
発射速度156 RPM (457M/S)
ダメージ 
ヘッド97(2.15x)
ボディ45
レッグ41
DPS117
タクティカル 
マガジンサイズ6/ 7 / 89
ADS中移動速度-0%
反動垂直

ダメージプロファイル

目標ダメージキル必要弾数
100 HP150 HP175 HP200 HP225 HP
ヘッド9722233
レベル1ヘルメット8622333
レベル2ヘルメット7123334
レベル3/4ヘルメット6323344
ボディ4534455
38(鉄壁)34566
レッグ4134556
34(鉄壁)35667

ウイングマンの長所と短所

ウイングマンの強さについて

Apex Legends】プレシジョンカリバー:ウィングマン武器スキン【エーペックス】 | GAME HOUSE

ウイングマンの長所

・1発のダメージが大きい
・ヘッドショットの有効距離が254M
・ADS中移動速度のペナルティがない
・弾持ちが良いので1~2スタックあれば充分
・閉まっているドアを開けられる

1発のダメージが高い

1発の威力が45なので充分な火力。

ヘッドショット有効距離がほぼ制限なし

有効射程距離が254Mなのでほぼ全距離ヘッドショットの効果がある事になります。

ADS中移動速度にペナルティが無い

ADS中でも歩行速度と同じ速さなので避けながら攻撃しやすい。

弾持ちが良い

2スタック(120発)もあれば充分なのでカバンの空きが作りやすい。

ウイングマンの弱さについて

ウイングマンの短所

・反動が強い
・発射レートが遅い
・弾速が遅い
・ベースの装弾数が少ない

反動が強い

連射すると次弾までにセンタリング(元の位置に戻る速さ)が間に合わないので、制御するか間を空けて撃つなど工夫をする必要があります。

発射レートが遅い

ダメージが高い代わりに発射レートは控え目になっています。低レートの武器は1発外すデメリットが大きいので注意。

弾速が遅い

ワーストクラスの弾速なので中距離以降を当て続ける難易度が高い。

ベースの装弾数が少ない

初期だと6発しかないので拡張マガジンは必須。

ウイングマンと相性の良い武器は?

ピースキーパー

弾薬が1スタックで充分なピースキーパーと合わせればカバン枠にかなりの余裕が出来ます。投げ物が強いゲームなので確保しておくと勝率や生存率が変わります。

さいごに ウイングマンの評価

上級者向けの印象が強いですが、弾持ちの良さだったりヘッショの逆転性の高さがあるので練習する価値が高い武器です。中距離以降を当てるのが苦手でも1発の威力が高いのでちょっとしたショットガンの様な運用も出来ます。

 

理論上は最強クラスの武器なので使い込んでみるのも悪くないかも?

 

【Apex】記事一覧まとめページ