【Apex】ウイングマンの性能 高威力のピストル

今回はウイングマンの性能について書いていきます。

 

ッドショットの射程が無く高威力+低レートなので中距離向けの性能。

でも弾速が低いため当てるのに熟練したエイムを求められます。

 

※シーズン9でスカルピアサー削除

ヘッショ倍率が2→2.15x

 

ウイングマンのスペック

ウィングマン
リボルバー
基本性能
タイプピストル
射撃モードシングル
弾薬タイプ ヘビーアモー
発射速度156 RPM (457M/S)
ダメージ 
ヘッド97(2.15x)
ボディ45
レッグ41
DPS117
タクティカル 
マガジンサイズ6/ 7 / 89
ADS中移動速度-0%
反動垂直

 

ダメージプロファイル

標準ダメージキル必要弾数
100HP
150HP

175HP

200HP

225HP

ヘッド9722233
レベル1ヘルメット8722333
レベル2ヘルメット7822333
レベル3/4ヘルメット7323334
ボディ4534455
レッグ4134556

 

※鉄壁相手にはダメージ15%低下

対象レジェンド

・ジブラルタル

・コースティック

鉄壁ダメージキル必要弾数
100HP
150HP

175HP

200HP

225HP

ヘッド8222333
レベル1ヘルメット7423334
レベル2ヘルメット6623344
レベル3/4ヘルメット6223344
ボディ3834566
レッグ3535567

 

装着可能アタッチメント

  •  1xホロ
  •  1xHCOG「クラシック」
  •  2xHCOG「ブルーザー」
  •  1x-2x可変ホロ
  •  1xデジタルスコープ

中距離主体で戦うのでサイトは見やすいものを付けよう。

  •  スカルピアサーライフリング
  •  クイックドローホルスター

シーズン9でスカピが廃止。

  •  拡張ヘビーマグ:(コモンレアエピック

1発の価値が高い武器なので拡張マグの依存度はかなり高いです。

ウイングマンの長所と短所

ウイングマンの長所

・1発のダメージが大きい
・ヘッドショットの距離指定がない唯一のピストル
・ADS中移動速度のペナルティがない
・弾持ちが良いので1~2スタックあれば充分
・閉まっているドアを開けられる
・スカルピアサー、クイックドロー共に強力なポップアップ

ウイングマンの短所

・反動が強い
・発射レートが遅い
・弾速が遅い
・DPSが低め
・ベースの装弾数が少ない

ウイングマンの特徴

中距離向けだけど弾速が遅いので当てるのが困難。

当てた場合のメリットは大きいので中~上級者向けの武器。

 

海外プロゲーマーが良く使う武器なので真似して自分が使うと現実を思い知らされる武器。

練習だ!

 

発射レートが遅いのでDPS自体は低め。

近距離でのゴリ押しは苦手。

 

弾持ちが非常に良い。

マスティフ等と組み合わせると弾薬を殆ど持ち歩かなくて良いので投げ物など多く持ち運べます。

 

スカルピアサーを付けてヘッショすると赤アーマー以外全距離2発ダウンが取れるというロマンの塊みたいな性能になります。

クイックドローは不得意の近距離戦の底上げをしてくれるのでこちらも充分強力。

※シーズン9でスカピが削除

 

武器の組み合わせ

・比較的どの武器とも組み合わせやすい。

ボルトなどSMGで仕留めそこなった敵のトドメ用にSG的な使い方も悪くありません。

マスティフは弾薬をほぼ持ち歩かなくて済むので物資を大量に持ちたい時などに便利。

 

シーズン8でのウイングマン

・変更点はないので変わらず使っていける武器です。